アダルトサイト作成

アダルトサーバ

アダルトASP

よくある質問

お役立ちテクニック

相互リンク

アダルトサイトの法律

概要概要

アダルトサイトを運営する上で知っておくべき法律を簡単に説明します。知らなかったでは済まされないので一読するようお願いします。記載内容は、管理人が厳密に調べて記載しておりますが、法律家ではございませんので、記載内容に誤りがあっても責任は一切負いません。法律の改正等にはご注意ください。


アダルトサイトの法律アダルトサイトの法律

年齢制限っているの?年齢制限っているの?

恐らくアダルトサイトを運営しようとしている方なら知っているとおもいます。地方自治体で定められている青少年保護育成条例に基づいて18歳未満のアクセスを制限するものです。これは、アダルト動画・画像を有料で配信、営業してる(営利目的で営業している)サイトに適用されるものであり、個人のサイト、例えば、広告収入のバナーのみを張っているサイトについては、扱うコンテンツがアダルトなものであっても、年齢認証を付ける義務までは課せられていません。しかし、自主的に18歳未満にはそのようなサイトは見せないでおこうという風潮があるため、基本的には、アダルトサイト全般に年齢認証があります。なるべくTOPページに年齢認証を設けるのが良いといいでしょう。


警察署への届け出をする必要があるの?警察への届け出をする必要があるの?

営利目的の有料アダルトサイト(会員から料金を取り、動画等を配信するようなサイト)の運営は、「性風俗特殊営業」における「映像送信型性風俗特殊営業」にあたり、お住まいの都道府県警察署に届出書を提出する必要があります。そのため、無料で動画を配信し、広告バナー等で紹介して収入を得る場合は、警察署に届け出をする必要はありません。


無修正サイトへのリンクはいいの?無修正サイトへのリンクはいいの?

自己サイトから海外の無修正動画、画像へのリンクについては、今のところグレーゾーンとなっており、現在処罰対象となった事例はありません。しかし、グレーゾーンだからといって違法ではないと決まったわけではなく、いつ違法と判断されてもおかしくありません。使用する場合は、自己責任でお願いします。管理人は、使用をお勧めしません。


海外サーバだから大丈夫?海外サーバだから大丈夫?

「海外サーバだから無修正画像を公開しても大丈夫!」と思っている方がいるかもしれませんが、海外サーバから無修正動画、画像を公開した場合においても、運営者が日本在住であれば日本の法律が適用されます。海外の法律が適用されるのは、海外国籍の運営者が海外サーバを使用して運営した場合です。無修正動画、画像を扱う方は、ご注意ください。


児童ポルノ動画・画像の公開はダメ児童ポルノ動画・画像の公開はダメ

ロリータ、ペドフィリアと呼ばれ、絶大な人気を誇るジャンルですが、児童ポルノコンテンツについては、国内ではなく海外の法律でも厳しく取り締まられています。18歳未満の児童にわいせつ行為を禁止する法律「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」にあたりますので、絶対に公開しないでください。


アイコラ画像の公開はダメアイコラ画像の公開はダメ

タレント等の有名人の氏名・肖像を財産的に利用する権利である「パブリシティ権」の侵害にあたるため、損害賠償、差し止め請求権の対象となります。有名人の名前を利用しての集客は効果があるため、やってしまいがちですが、絶対にやめましょう。


投稿サイトの注意投稿サイトの注意

投稿サイトにありがちなのは、投稿された動画・画像が法律違反(著作権侵害、プライバシー侵害、わいせつ物陳列等)にあたると知らずそのまま公開してしまうことです。投稿サイトを運営する場合は、投稿コンテンツに対しての厳密なチェック、削除対応を密に行うことが重要です。


<< 「アダルトサイトの種類」に戻る |  「メリット/デメリット」を見る >>

▲ページトップに戻る