アダルトサイト作成

アダルトサーバ

アダルトASP

よくある質問

お役立ちテクニック

相互リンク

アダルトサイトを作成

概要概要

アダルトサイトを作成するといってもブログで簡単に作成する、レンタルサーバを借りて実際にHTMLを組んでサイトを作成する等作成方法は様々です。ここでは、その作成方法と便利ツールについて簡単に説明します。少々長くなりますがお付き合いください。


アダルトサイトの構成アダルトサイトの構成

まず、作成するアダルトサイトの大まかな構成を決めましょう。作成しながら決めてもいいですが、初めにある程度決めてしまわないと、途中でレイアウト変更が多々発生することになり無駄な時間を取られることになります。
まずは、あなたが理想とする参考サイトを見つけましょう。ブラウザ「FireFox」であれば、右クリック「名前を付けてページを保存」で参考サイトのソースが丸ごと参照できます。しかし、そのまま使用することは盗作行為ですので絶対にやめましょう。自分が逆の立場に立ったときにやられて嫌なことは絶対にしないでください。


ブログかHPかブログかHPか

まず初めにブログで作成するかHPで作成するかを決めましょう。ブログとは、近年台頭してきた日記形式のサイトです。ブログの特徴は、テンプレートが用意されているため、初心者でも始め易い、SEOが最初からされているためある程度検索に表示され易いことです。しかし、レイアウトに対する自由度はあまりなく、決められた枠でコンテンツを配信することになります。

では、HPはどうでしょう。HPの特徴は、1から作成するため多少手間がかかりますが、すべてを自分で決めれる自由度の高さが1番の魅力です。作成しているとあなたの技術も向上させてくれますし、サイトが完成してしまうとブログより一般サイトのドメインのほうが、ロボット型検索エンジンは好む傾向があり有利です。これは人間にも言え、ブログサイトよりHPのほうが安全、安心面で優れているといえます。きちんとしたHP、ブログのどちらであなたはコンテンツを購入したいと思いますでしょうか。HPだと思いませんか?

また、ブログは掲載先がなんらかの理由で急にブログをやめてしまうこともあります。その際に、ブログは消えてしまい今まで作成したものがなくなる事態も発生します。その点HPは、すべて自分の資産として残り、公開し続けることできます。

このサイトをここまでご覧の方でしたら、本格的なアダルトサイトを作成しようという意識の高い方だと思いますので当サイトでは、HPについて説明したいと思います。決してブログが駄目だといっているわけではなく、アダルトサイトを運営する上でHPを作成することは、技術の向上、安定した収益に結びつき易いのでお勧めしています。


TOPページで気をつけることTOPページで気をつけること

TOPページを作成する上で気をつけるべきポイントを説明します。

  • 訪問者に分かり易い構成にする
  • 訪問者に分かり易い構成を心がけることで、リピーターの獲得に繋がります。肝心のメインコンテンツの位置が分かりにくいサイトは敬遠されがちですのでやめましょう。

  • だましリンクは控えめに
  • これもリピーターの獲得に繋がります。アダルトサイトにおいてのだましリンクは一般的となっていますが、だましリンクばかりでメインコンテンツになかなかたどり着けないサイトは、嫌われます。メインサイトでは、だましリンクは少なくし、多用するならば、2つめ以降のサテライトサイト(メインサイトにアクセスを送るための衛星サイト)で使用しましょう。

  • 文字ばかり並べない
  • SEO対策で文字をある程度記載する必要はありますが、アダルトサイトの特性上、文字ばかりだと訪問者に余り好まれない傾向にあります。あなたも文字より画像のほうが目がいくかと思います。

  • 最初に表示される領域に広告を張り過ぎない
  • googleの検索ロボットがTOPページを開いた最初の領域に広告が過半数を占めるとペナルティーを課し、検索に出てこなくなります。

  • 最初から広告を貼り過ぎない
  • あなたのサイトにより多くの訪問者が来るには、サイトの信頼が重要です。コンテンツが整わないうちから広告ばかりを貼っているサイトは敬遠されがちなので控えましょう。

サイトに在ったほうが良いページサイトに在ったほうが良いページ

サイト内に存在すると訪問者に対して便利なページを説明します。

  • サイトマップ
  • サイトの構成を一覧にしたページです。ロボット型検索エンジンのインデックス対策にもなり、訪問者にもサイト構成が分かり易く便利です。

  • 初めての方へ
  • 初めての訪問者向けページです。メインコンテンツまでの誘導、サイトの特徴等を説明することで安心、安全、分かり易いサイトをアピールできます。アダルトサイトはある程度年配の方も訪問されるのが想定されますので、分かり易い説明にしましょう。

  • 問い合わせ
  • サイトへの問い合わせをするためのページです。相互リンク、広告掲載、サイトへの質問等様々な問い合わせが着ますので作成するべきページです。

  • Q&A
  • よくある質問を列記するページです。サイト開設当初は、不要かもしれませんが、同じような問い合わせが続くようでしたら、作成すると訪問者に対して親切です。

  • サイト管理者向けページ
  • アダルトサイトを運営する同業者に対するページです。相互リンク等の説明を記載してサイト間の結びつきを円滑に進めることできます。

タイトル、キーワード、ページ説明を決めるタイトル、キーワード、ページ説明を決める

作成サイトのタイトル(Title)、キーワード(Keywords)、ページ説明(Description)を決めましょう。検索上位に表示されるためには重要なポイントとなるので、サイトのジャンルに合わせて適切に決める必要があります。

  • タイトル(Title)
  • このタグは、サイトのタイトルを記載するものです。検索結果表示の際に表示させる事ができます。ロボット型検索エンジンは、タイトルを重要視します。検索されそうなキーワードを織り交ぜたタイトルを付けるのが効果的です。タイトルが検索表示結果上、途中「・・・」となっては意味がありませんので、65文字(スペースも含む)までに抑えましょう。

    HTMLでは、
    <title>あなたのサイトタイトル</title>
    のように記載します。

  • キーワード(Keywords)
  • このタグは、サイトのキーワードを記載するものです。現在Googleでは、このMETAタグはあまり重要視されていないようです。しかし、他検索エンジンではまだ効果があるようです。関連キーワードを半角カンマで羅列しますが、多くても10個までにしましょう。

    HTMLでは、
    <meta name="Keywords" content="サイトキーワード1,サイトキーワード2" />
    のように記載します。

  • ページ説明(Description)
  • このタグは、ページの内容説明を記載するものです。検索結果表示の際に表示させる事ができます。このタグを指定しないと、検索結果表示は、ページソースの内容やtitleタグの内容が表示されます。検索結果表示でユーザが、この内容を見てサイトにアクセスするかどうか判断する事が多いのでサイト説明を適切に記載しましょう。一般的には80~100文字程度が最適とされています。関連キーワードを羅列しただけの内容だとスパム扱いされてしまう恐れがありますので、注意が必要です。

    HTMLでは、
    <meta name="Description" content="あなたのサイト説明" />
    のように記載します。

レイアウトを決めるレイアウトを決める

サイトの具体的レイアウトを決めましょう。まずサイトの全体横幅ですが、サイトの横スクロールが発生すると見難いのはお分かりでしょう。そのため、まず横幅を適正サイズに決めましょう。現在、一般的な画面サイズは、1024px~1280pxが主流となっていますので、横幅は、お気に入りバーを表示させても問題無いサイズである800px~1000px以下にすると良いです。

次にサイトレイアウトを決めましょう。レイアウトは、大きく分けて3パターン存在します。

  • 1列表示
  • メインのみの構成です。幅を広く使用でき、自由にコンテンツを配置することが可能です。画像を一覧で並べて表示するサイトに向いています。

  • 2列表示
  • サイドバー、メインの構成です。サイドバーにあらかじめメニュー、サブコンテンツと位置を分けて考えれるため、作成が容易です。

  • 3列表示
  • サイドバー(左、右)、メインの構成です。近年台頭しているブログ形式の表示形式です。こちらもコンテンツ毎の位置を分けて考えれるため、便利ですが、メイン枠が狭くなってしまうので表示に制限が生まれます。また、HPとして作成しているのにブログと同じでは勿体ないです。ブログとの違いを出すためにできれば1列表示または、2列表示をお勧めします。

左から順に1列表示、2列表示、3列表示
1列表示 2列表示 3列表示

デザインを決めるデザインを決める

デザインは、アダルトサイトはシンプルなデザインが好まれます。サイト全体をカラフルに彩るよりは、メインカラーを決めて統一感のあるデザインにするよう心がけましょう。また、メインカラーに黒は避けてください。黒は、アンダーグラウンドなイメージが強く、怪しい感じがするからです。そういうものを狙っていない場合以外は避けるべきです。

具体的にどんなカラーが好まれるのかというと、白か薄い色(パステルカラー)です。これは人間の心理で白は健全、安心を連想させるためです。

デザインを決める上で次に重要なのが、文字(フォント)サイズです。1画面に情報を詰め込もうとやたら滅多ら文字を小さくして記載してあるサイトがありますが、はっきりいって見難いです。近年、人の視力は低下傾向にありますので、大きめのサイズにしましょう。10px以上が望ましいです。


ヘッダー、フッターを決めるヘッダー、フッターを決める

ヘッダーとは、サイトの上部に表示される部分のことです。基本的にサイトのロゴにあたるものを表示するスペースになります。サイトの印象を決める重要な部分になりますので、慎重に決めましょう。背景画像+タイトルが一般的です。

続いてフッターは、サイトの主リンク(メニューリンク)、著作権表示を記載するのが一般的です。著作権表示とは、ご覧になったことがある方が多数いらっしゃると思いますが、下記のように記載します。

Copyright c 20YY サイトタイトル All Rights Reserved

コピーライト(Copyright)とは、著作権のことで、ホームページやブログはもちろん、映画や音楽、本や漫画、絵や彫刻など、全ての作品に著作権があります。


メニューバーを決めるメニューバーを決める

メニューバーとは、主要ページに対するリンク一覧です。訪問者に対してサイト閲覧を容易にする意味で配置するのが望ましいです。洗練されたメニューバーを使用したい方は、自作ではなくgoogle等の検索エンジンで「メニューバー 素材」と検索して素材配布サイトより使用させてもらうほうが良いです。最初からメニューバーの自作は難易度が高いですので。


コンテンツを決めるコンテンツを決める

具体的にどのコンテンツを公開するか決めましょう。
コンテンツのジャンルを再度確認したい方は、前述のアダルトサイトの種類をご覧ください。
コンテンツは決定したが、入手方法がわからないという方は、後述のコンテンツをどうするかをご覧ください。


アダルトサイト作成支援ツールアダルトサイト作成支援ツール

管理人がHP作成の際使用している便利ツールを紹介します。有料のものを使用するとテンプレート機能、サイト別管理機能等が使用でき便利ですが、HTML、CSSの編集は無料のエディタでも慣れればできます。

ソースエディタソースエディタ

サクラエディタ

無料の高機能エディタです。文字コード変換、改行コード置換、マクロ機能、正規表現による置換等様々な機能が有り便利です。管理人も会社員の頃これで開発してました。

ホームページ・ビルダー16 通常版

言わずと知れた初心者には便利なホームページ・ビルダーです。こちらは有料となっていますが、最初から豊富なテンプレートが存在し、1サイト丸々一発で作れる簡単さが魅力です。HTML、CSSって何?っていう方もお絵かき程度でHPが作れるから優れものですね。管理人も最初のサイトはこの子にお世話になりました。

Adobe Dreamweaver CS5.5 Windows版

Adobeが提供している高機能エディタです。管理人が今愛用しているエディタになります。少々値段が張りますが、その分高機能で操作、編集も容易です。ソーステンプレートによる一括修正、コードビューによるリアルタイム表示機能、サイト管理機能(FTP連動)等が魅力です。スマートフォンサイズ画面でのプレビューが表示できるのが今重宝してます。プロの開発者が使っているのは主にDreamweaverです。解説ページ等は沢山あるため、最初から背伸びして使って見ても技術の向上にはいいかも知れません。

Adobe Dreamweaver CS5.5 Macintosh版

DreamweaverのMac版です。


FTPFTP

Filezilla

FTPソフトは数多くありますが、無料で使用でき、他のソフトよりファイル転送が切断されにくいため、海外サーバとの接続に便利です。管理人も愛用しています。

Filezilla(日本語ミラーサイト)

Filezillaの日本語ミラーサイトになります。


HTML、CSSについてHTML、CSSについて

詳しいHTML、CSSの説明は当サイトでは割愛します。詳しい内容が知りたい方は、管理人もお世話になったサイトを記載しますので参考にしてみてください。


<< 「メリット/デメリット」に戻る |  「コンテンツをどうするか」を見る >>

▲ページトップに戻る